トイレリフォームにおける床と壁の排水とは

トイレの排水には、床パターンと壁パターンの2種類があります。新しい便器ならなんでも取り付けられるわけではありませんので、トイレリフォームをするにあたって確認しておくようにしましょう。

■床からと壁からの2つの違いとは

床から水が流れるトイレは、管が床に埋め込まれています。このパターンの特徴は、トイレ本体の周囲を見渡しても、管が見えないのでスッキリしていることです。逆に、便器と壁の間が配水管で接続しているトイレは、壁から水が流れるタイプになります。
床から水が流れるパターンのトイレは一軒家に多く、壁から水が流れるパターンは、マンションなどの集合住宅で多く見られます。

■トイレの排水芯とは

床から水が流れるタイプでは、壁から管の中心部分までの距離を排水芯と呼んでいます。新しいトイレに交換する場合は、壁、床から水が流れるものとで異なり、床から水が流れるタイプの場合は、排水芯の距離によってトイレリフォームができるトイレとできないタイプがあります。
排水芯の位置が分からない場合もありますが、水周りの専門業者に相談すれば、その場で計測してもらえますので、アドバイスを受けながら便器を選ぶのがおすすめです。

■まとめ
トイレの排水には、一軒家の住宅によくある床から水が流れるパターンと、マンションに多い壁から水が流れるパターンの2つがあります。床から水が流れるものの場合は、排水芯からの距離によって取り付けできるトイレがあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ