トイレリフォームで床を張り替える理由とは?

トイレリフォームでは、排水管の取り替えなどでやむを得ず床を張り替える場合があります。しかし、トイレを快適に利用するために床を張り替えることもありますので、ここでその理由について紹介します。

■古い便器の傷跡が目立つから

トイレの交換をした際に、使用していた便器を取り外すと便器の傷跡が床についていることがあります。トイレは便器部分だけで30kg以上するものもありますので、傷がつくのは仕方がないことかもしれません。しかし、新しいトイレの便器部分の形状が古いものと異なっていると、古い傷が見えてしまい気なることがあります。
古い傷が見えてしまうと、全体の印象を悪くしますので、それを改善するために床を張り替えることがあります。

■トイレの印象を明るくするため

トイレの床を明るくしたり、壁紙を明るいものに交換すると、全体の雰囲気が明るくなります。暗くてじめじめした印象が気になっているときは、水周りの専門業者に相談して、全体を明るい雰囲気に変えることができます。
トイレの交換とともに全体の印象を変えたい場合は、床や壁などの変更についても検討するのがおすすめです。


■まとめ
トイレリフォームでは、工事の際にやむを得ず床を取り外すこともありますが、使用していた便器の傷跡があるときやトイレの印象を変更させるために床を交換することがあります。トイレの交換とともに全体の印象を変えたいときは、水周りの専門業者に相談するのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ