トイレリフォームの依頼先と工事完了までの流れ

トイレリフォームの依頼先と工事完了までの流れ トイレリフォームというのは、トイレの交換をはじめ、室内の壁紙を張り替えたり、床を新しく取り替えることをいいます。さらに、お年寄りの方がトイレを使いやすいようにするために、手すりを設置したり、入口や内部の段差を解消する工事をすることも、これに含まれます。
現在のトイレを修理して使い続けるのではなく、設備や内装が新しくできるのが特徴です。家族構成や利用する方の健康状態に合わせられるので、より快適な暮らしができるようになります。
こちらでは、トイレリフォームでできることを中心に、さまざまなお役立ちの情報や交換と修理の判断基準、依頼先の決め方と申込みから工事完了までの流れについて説明します。

トイレの交換と修理の判断基準

判断基準は、使用年数なども参考にしますが、見積もりを比較する方法がおすすめです。修理をした場合にいくらかかり、交換をする場合にいくらかかるのかが分かれば、新しく交換した方がよいのかどうかを検討することができます。便器自体の寿命は長いとされていますので、上のウォシュレット部分や便座だけの交換も選択肢に入れておくとよいでしょう。
また、排水パイプの交換など、トイレを取り外したり床を剥がしたりする必要がある工事の場合は、必然的にトイレリフォームになります。床を新しく設置することになりますので、同時にトイレを新しくすることも検討できます。

■工事の依頼先の決め方
トイレリフォームの依頼先は、水周りの専門業者を選ぶのがおすすめです。近所の建築会社や住宅メーカーなどに相談することもできますが、水周りのリフォームは水周りのプロに相談や依頼をした方が安心です。
また、水周りの専門業者なら、問い合わせから約1時間で自宅に来てくれます。リフォームをするかどうかも含めて相談しながら、トイレの修理や交換を決められます。さらに、工事を依頼するまでは、費用が一切かからない水周りの専門業者もあります。工事の相談や見積りも無料でしてもらえますので、安心して問い合わせできるようになっています。

■水周りの専門業者への申込みから工事完了までの流れ

申込みから工事完了までの流れですが、まずはじめに新しいトイレに交換することを検討している、という点を水周りの専門業者に伝えます。その後、専門業者のスタッフが自宅に駆け付けてくれますので、トイレに案内して現場を確認してもらいます。その後、家族構成にあったさまざまなプランについて提案をしてくれますので、どのように変更するのかを検討します。
リフォームの方針が決まったら、専門業者に工事の依頼をするだけになります。あとは、水周りに詳しい専門業者が工事をしてくれますので、終了するのを待つだけになります。専門業者による工事が完了したら、代金の清算をして、すべての手続きが終了します。すべて完了すると、新しくなったトイレでの暮らしが始まります。

■まとめ
トイレリフォームは、トイレの修理をするのではなく、新しく買い換えることです。交換をしない場合でも、トイレの壁や床を張り替えたり、バリアフリー化するなど、それぞれの家庭の家族構成や環境に合わせた対応もトイレリフォームに含まれます。
トイレリフォームを検討しているときは、水周りの専門業者に相談するのがおすすめです。電話で問い合わせをすれば、短時間で駆けつけてくれますし、見積もりや相談も無料でしてもらえます。トイレリフォームの相談では、水周りのプロがそれぞれの家庭に適したトイレについて検討し、さまざまな提案をしてくれます。トイレリフォームをすると決めたら、工事の申込みをして工事が終了するのを待つだけです。工事完了後にリフォーム代金の清算をすることで、すべての手続きが完了します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース